Recent Article

2021/03/03

ハワイの歌声

イズラエル・カマカヴィヴィオレ。ウクレレを知ってYouTubeで出会った彼の歌。1997年没というから20年以上も前に亡くなっている。動画の中でハワイの海に散骨するシーンがあるが、彼がいかに愛されていたかを物語るようなやさしさに満ちている。人の死はもちろん悲しいことだが、島の男が海へ還っていくのは本望というもので、見守る人々の心の中で永遠に生き続ける、間違いなくそうだと感じさせる光景なんだね。ウクレレが...

2021/03/03

こまったレレ美

ソプラノウクレレのレレ美がやってきて2日だが、簡単そうでも苦戦する。人差し指でチャランとやるのだがアコギの力加減がなかなか抜けず、ベロンと弾く感じになって音がつぶれるんだね。浅く速くシャランと弾くのに苦戦している。ダウンでよくてもアップで指が引っかかる。ウクレレにはおおまかに、ソプラノ、コンサート、テナーと三種類のサイズがあるんだが、レレ美はいちばん小さいソプラノボディ。これら三種はフレットにして...

2021/03/02

レレ美です

いまさらギターと、これからウクレレ。新入りウクレレの『レレ美』である。ウクレレに名前をつけたんだ。ちっちゃくて可愛い、レレ美ちゃん。(笑)ソプラノウクレレなんだね。俺はギターを弾いていた。あるときから弾かなくなって持っていたアコギも手放してしまった。よってギターも新入りなのだが、数日の差でギターのほうが先輩なんだ。えー、喫茶店で癒やしを、と言っても店側にできることは多くない。美味いコーヒーあるいは...

2021/02/20

このとき9歳

オーディション番組で発掘された天才少女。ロックからオペラまで外国の音楽は広いと感じるね。...

2021/02/19

Je t'aime

自分のブログをのぞいたとき、聴きたい曲がある。...

2021/02/17

車種さえ不明

富山の夜だ、9時20分、マイナス1℃。今日は二度、除雪した。まず朝だ。もふもふのジムニーだった。で昼飯に出て、喰ってる間に屋根に積もり、家に戻って夕方前にまた除雪。朝、玄関からの道筋をつくっておいたんだが、道は消えたぜ。(笑) うん跡形もなく。で除雪して、なのにまた、しばらくの間にジムニーはできそこないのプードルと化している。明日の朝まで時間はたっぷり。明日が怖い。除雪車がやってきて路肩に雪山をつ...

2021/02/16

飲食店のハウツー動画

YouTubeを見渡すとそーいうのが多いよね。飲食店を経営する上でのハウツーみたいな動画です。そこで決まって出てくるのがFLコスト。つまりは食材原価と人件費のことなんですが、俺はね、そこじゃないだろうと思うわけです。喫茶店が好きでよく行きました。お気に入りの店ができると他店のアラばかりを探してしまう。お客でいるうちはそれでもいいのだが、店を自分でやるとなると話は違う。近頃の俺は、セルフのカフェは別として...

2021/02/16

カフェに思う

カフェらしさに思うところ大いにありだ。インテリアは洒落ている。コーヒーカップは豪華であり、コレって一脚いったいいくらだよと思うことがあるだろう。いっときの脱日常がテーマなのかとも思うのだが、そこに首を傾げるわけだね。東京にはブレンド一杯1500円なんて店がある。店内は落ち着けてカップももちろん豪華なんだが、飲んでみてガッカリする。そんなことって誰もが経験する失敗談ではないだろうか。高級をめざさない。た...

2021/02/15

ちょっと試作

卵と牛乳だけでこしらえた基本形なんだが、ゆすってみるとプルプルしてる。手近にバナナしかなかったもので、アイスクリームと一緒に添えてみたんだ。ホイップはもちろん生クリームを使っている。イチゴでもあれば色鮮やかに仕上がるはずだ。前にも書いたが、こうしてカタ(プリンカップ)から抜いたときにしっかり立つのがプリンである。ちなみに150ccプリンカップを使っている。あ、今回はバニラオイルを使った。バニラエッセン...

2021/02/15

ほれミラー

ほれ見ろミラーボール。いわゆる自撮りというやつで俺がちっこく写ってら。これも富山空港の屋上なんだがポール照明があるんだね。で、その片側が鏡になって魚眼レンズに代用できる。望遠レンズでとらえた部分魚眼というわけなんだが、管制塔のある側に向けてミラーになっているんだよ。進入する飛行機を管制塔から目視するとき手前に光源があると眩しいということだろう。空と大地の接点に立山連峰。魚眼レンズだからひん曲がって...

2021/02/14

富山の悲哀

富山空港、その屋上。今日は立山連峰、剱岳が一望できた。春本番と言いたいところだが、またしても爆弾低気圧であるらしく大雪警戒モード。雪国はどこもそうだが富山にとって雪はまさに諸刃の剱。冬場には太陽をめったに見ない土地だから、一度は都会をめざしたくなる人たちの気持ちもわかる。僻地では過疎と言うが市街地では人口流出。ましてコロナで地方は苦しい。空港へ行くたび思う。羽田との往復便が日にたった一便。北陸新幹...

2021/02/12

David Sanborn-The DREAM

ジャズというわけでもないがサックスの響きはいい。なんとなく、その頃に戻れたような気がする。でも、その頃って、いつだ?音楽とは不思議なもので、その頃楽しかったことよりも何かがあって墜落寸前だったときに聞いた曲ほど覚えているし、それを乗り切って思い出にできたとき、ふっと笑える気分になれるものである。人は多くの曲を覚えている。 うん、それはね、楽しいことが思うほど多くなかったという足跡を意味しているんだ...

2021/02/11

風になった音

アンデス音楽が好きなんだが、とりわけパンフルートの音には癒やされる。大地と川、山と風、あるいは人と鳥、正体不明の電子音が嫌いな俺は、たとえば駅のホームに立つのも嫌になる。これから、ときどき、音楽をアップしていく。ジャンルにはとらわれない。いいと感じた曲。クイーン、レッドツェッペリン、エアロスミス、アルディメオラのギターもいいし、パパロッティあたりも胸に響く。...

2021/02/09

一夜にして

昨夜ほとんどなかった雪だが、朝になると、もふもふなんだね。今年の富山は雪に祟られているようだ。今朝の気温はマイナス2℃。昨年はまったく降らずスタッドレスに換えなかったという人が多いんだが、今年はチェーンが欲しいほど。ところが、意外にも立山連峰に黒い岩肌が透けて見える。市街地型の積雪のようであり、例年よりも気温が低く、冬の台風とも言える爆弾低気圧の暴風で高山のサラサラ雪が吹き飛ばされてしまうようだ。...

2021/02/08

雪また雪の富山から

えー、これはですね、数年前に新東名長篠設楽PAでコンデジ撮影。大河ドラマも本能寺の変で終了。適当な写真がなく、そう言えばと思いついて探してみたもの。富山の雪にもそろそろ飽きた。さて本題。いまはYouTubeでプロの仕事が学べる時代。最近は飲食店をやる上で修行は必要なのかという話もあるんだが、確かにこうした動画から盗めることは多くある。ただし、それを基本形として、レシピを見なくてもできるほど研究した後のこ...

2021/02/08

喫茶店にできること

富山のお米は確かにうまい。それはそうでも、そこにイッコ問題があって、富山に来てから富山産の米しか手に入らなくなってしまった。いわゆる囲い込みというやつで、ユーザーの選択肢を奪うこうしたやり方はどうかと思うよ。さて、炊飯土鍋だ。これを使いだしてから飯がうまい。マイコンどうたらという最新テクノロジー炊飯器のくだらなさに気づかされる。ジャーなんて最悪だ。思い起こせば子供の頃、ご飯は炊きたてか冷やご飯だっ...

2021/02/03

まずはシンプルプリン

卵と牛乳だけでつくったプリンの基本形。ニトリの耐熱グラス、そして蒸し器でこしらえた。俺は、カタ(プリンカップ)から抜かずに食べるプリンはカラメルを底に敷かない。よくある底にカラメルを流したプリンはカタから抜かないと、つまりは逆立ちプリンであり、カラメルの意味がなくなるからだ。カラメルを別につくっておいて食べるときに上に流してやるんだよ。ガラスを透かして『す』が入ってないのがわかるでしょ。『す』が入...

2021/02/01

気分はブルー

いえいえ、そうではなくてブルースカイ。富山の冬はすっきり晴れたためしがない。列島まるごと晴れているのに、なぜか北陸だけがすっきりしない。とりわけ今年は宝くじレベルの雪の当たり年。35年ぶりの豪雪なんだが、あのね、35年も宝くじ買ってるといっぺんぐらい当たるやろ。 どーよ?俺はテレビを見ない。今年は大河ドラマがそこそこなので、麒麟がくるぐらいだろうか。テレビと言うならCS放送で映画を録って観る。映画...

2021/02/01

新しい生活様式とは

社会の粗雑を覆い隠す雪。けれども、有無をも言わせぬチカラがあって、邪魔だ退けとばかりに掻き分ける。ふとそんなことを考えさせる鉄の脚力。凍りつき、しかしそのうち解けて、何事もなかったような平穏が訪れる。ほどよい分断、ほどよい離脱。そうしたことが喫茶店がそこにある価値ではないのか。酒の席では見知らぬ者同士のハードルが一段下がるようでして、ゆえに酒場が好きという人がいるだろう。分断ではなく融合する手段と...

2021/01/31

それはないだろ

ここでネガは語らないと決めている。毒吐きブログじゃないんだし読んで楽しいはずがない。そりゃね、ちまちましたストレスはいっぱいあるさ。そんなとき俺はそこらの喫茶店で息を抜く。これはずいぶん前に撮った写真だが、ある喫茶店の喫煙席。タバコを吸うなら外へ出ろと言うわけだ。わかってないなと内心思いつつ、ニッと笑って外へ出るんだ。えー、しかしである。喫茶店~カフェ~珈琲ショップと、ま、何でもいいんだが、苦笑す...

2021/01/31

テンプレートの欠点ひとつ

背景に写真がドアップ。これが唯一の欠点なんだね。新しい写真なんてそうそうないし、ストックフォトはあっても、いまところは東京起点に撮ったもの。今年の富山は雪がひどくてなかなか外へ出られない。被写体とは行く場所ではなく俺なりの目で探すもの。わかっていても、なかなかうまくいかなくてね。新しい写真がないと書けないのか。ということで色そのものに目を向けた。背景がすっきりすると読みやすい。文字がスミ(黒)なの...

2021/01/30

もよりスポット

いつものダムのPAなんだが、ここはちょっと行けるもよりスポット。除雪車が寄せた雪が山のように積み上がる。今朝もまたジムニーはもふもふで、いいかげんうんざりなんだが、午後になって陽射しがあふれた。一眼レフで行きたいところ、どうにも雲行きがよろしくない。富山の空はめまぐるしく変化する。さあ撮るぞと意気込むと、着いてみると雪だったなんてことがよくあるんだ。そこでコンデジ。出かけるときポケットに入れるのが...

2021/01/30

ゆがむ影

爆弾低気圧とはよく言ったものだ。破裂するなら、どっか他でやってくれと言いたくなる。富山はまたしても大雪だ。朝になると、それでなくても背が高いジムニーがどっさり雪でチョロQのようになっている。エンジンをかけようにもドアが凍り、ぬるま湯で解かしてからでないとドアが開かない。さて、富山のいいところばかりを書きたいのだが、地方はどこもそうなんだろうが富山にもさまざま課題はあるわけで。うん、でもね、それを承...

2021/01/28

ぴーんとしていた

さてその帰り。冬タイヤ規制が解除されていたから、80kmほど近い東海北陸道を走ってきた。ひるがの高原SA。スキー場を見渡せる場所だが、平日でもあって人は少ない。SA内のあっちこっちに除雪した圧雪が山のように積み上げられていた。雪を楽しむゲストのために地元の人々は雪と戦う。富山に住んでみて思うのだが、これはかなりな労働なんだね。まあしかし、こうして旅人の気分で見渡すと雪化粧は綺麗なものだ。うーん、俺...

2021/01/27

二日前の遠回り

北陸道、徳光SA。愛知は岡崎に行く用事があったのだが、この日は東海北陸自動車道の白川郷~白鳥の間が冬タイヤ規制。全国の高速道路でここだけに規制がかかっていたんだ。で80kmほど遠回りを承知で北陸道を行った。米原経由で名神~東名と行くんだが、富山・石川県境を越えてしまうと景色が変わった。ほとんど雪がないんだね。SAの上りから下りへ道路を渡る橋の上。穏やかな日本海が見渡せた。なのにそっから福井へ向かう...

2021/01/24

終わらない航海

横浜は山下公園にひときわ映える氷川丸。貨客船なのだが、いまは肩の荷を降ろして人々に時間旅行を楽しませる。かつて荒波と戦った退役兵のようでもあるが、そうだろうか、俺は違うと思っている。船に乗っかり、くまなく見てまわると、当時の人々の姿がありありと目に浮かぶ。走ることをやめた現役船。氷川丸は船旅をこれほど身近にしてくれる船なんだね。帆船というと、俗物である俺はジョニーデップを思い出す。パイレーツ・オブ...

2021/01/23

見なくていいもの

これはスカイツリーだが、もっと知ろうと寄りすぎるとレンズは鉄の正体を暴き出す。富士山もそうだし、もっと言うなら若い頃に憧れた都会の臓物もそうなんだろう。遠くにありて想うものと言うように、好きでいたいなら、見なくていいもの、知らなくていいもの、そんなことってじつは多いものなんだ。都会に暮らしスキーへ行く。その程度のラブスノーなら雪は白いドレスのお姫様なんだろうが、路肩でドス黒くなり果てた圧雪は醜く、...

2021/01/22

ちょっとした疑問

俺にとって、あまり意味のない景色なんだ。東京へ。富山には北陸新幹線もあるんだが、飛行機や新幹線には縁がない。どこへ行くにもクルマ。大海を隔てる距離でない限り、俺の行き先はハンドルで決めると思っている。東京を離脱した。つまり東京にもはや拠点がないということ。俺のハンドルは滅多やたらにそっちに向かないだろう。そんな気がする。コピーライターという職業からも400kmほど離れてしまった。うん離れた。これか...

2021/01/22

イマイチ連峰

昨日の富山空港、屋上からのホワイト連峰なのだが、気温が上がってしまったために水蒸気が立ちこめて遠景がモヤっている。国道41号線へと至る道の先、一際高く尖っているのが剱岳。富山の写真としてはお約束の立山なのだが、写真ではイマイチ伝わらない。富山はぐるりと山に囲まれていて、手前にある低い山々も冬は白い。肉眼で見渡すと圧巻だ。東京に長く暮らし、バスフィッシングで河口湖あたりにはよく行ったが、単独峰の富士...

2021/01/21

しばし見ていた

北陸道 有磯海SA。なるほど、こうやって雪を捨てるのかと納得したね。路肩にうず高く積み上がる圧雪に、別のグループがこれと同じように大型ダンプの荷台に飛ばし、そのダンプが次々に有磯海SAにやってきては積み込んだ雪を落としていくんだ。でそれを、こうして大型の除雪車で吹っ飛ばして捨てるんだね。ほぉぉ・・と思いレンズを向けたら、ダンプを誘導する係の人が俺を見て、「この物好き・・こちとら必死なんだよ」。みた...